製品

当社ではリモートセンシングライダー、コヒーレントドップラーライダー、飛行時間(TOF)レーザー光源など、光学式レーダー、ファイバレーザ、ファイバアンプの一連の製品は、お客様に最適な形式に設計することが出来ます。環境モニタリング、照明、測距、風観測など広範囲の測定に様々な分野で適用されています。

ファイバレーザは、希土類元素を添加した光ファイバーをレーザー媒質として利用する形式のレーザーで、主にイッテルビウム(Yb)添加光ファイバー、 エルビウム(Er)添加光ファイバーやツリウム添加(Tm)ファイバレーザがあります。 Techwinは、パルスファイバレーザ、CWファイバレーザ、ファイバレーザモジュールなど多種多様な光ファイバファイバレーザを提供します。そして当社で幅広い波長範囲に対応した光ファイバの取り扱いが可能です。お客様の様々なご要望、例えば光ファイバーセンシング、コヒーレント通信、科学研究などに適しています。

ファイバアンプは、ファイバユニットのひとつで光信号を増幅する光増幅器になります。ファイバアンプの専門メーカーとして、CWファイバアンプ、ドープファイバアンプ、ラマンアンプなどを取り揃えます。コヒーレント検出システム、光分配システム、光ファイバ通信および他の光ファイバデバイスとしてさまざまな分野で適用されています。

Techwinは、ASE光源、単一周波数レーザモジュール、マルチモード励起用光源、パルスレーザー光源モジュール、チューナブルレーザ光源など、幅広いレーザー光源をラインアップしております。これらのファイバー光源は、科学研究と生産、モニタリング、スペクトル解析、光ファイバー通信をはじめ様々な分野に適用されています。

分散型ブラッグ反射器の一種で高出力CWレーザおよびパルスファイバレーザ用に設計されたFGBは、出力3kW以上の単一周波数レーザモジュールからLMAファイバに適します。 FBGの高反射板と低反射板で構成され、ファイバーコアの周期変化による波長を反射するリフレクターとして使用されます。チャープ位相マスク技術によって反射スペクトル帯域幅で分散させることが出来ます。

Techwin偏光消光比メーターPER-M500は、偏光保持素子の偏光消光比(PER)、光源の偏光度、偏光保持ファイバの消光比、その他の偏光保持素子の測定、光学部品の位置合わせに使用されます.

ファイバレーザ、ファイバアンプ、ファイバー光源の専門メーカーTechwinは幅広く製品をラインアップしています。一連のファイバアンプ製品のカスタマイズも承っており、広範なお客様のアプリケーションに対応いたします。また、すべての製品は品質管理システムのもと、厳しい基準と万全の体制で検査を行います。世界中に輸出されている当社の製品とサービスはお客様に高く評価されています。Techwinは世界中のお客様のニーズに合わせた製品を届けて信頼に応えます。